ヤマト運輸社員SDの手取り月給とボーナスを教えてください。 40歳勤続年数20

ヤマト運輸社員SDの手取り月給とボーナスを教えてください。 40歳勤続年数20年程、担当は奈良県中部の新興住宅地の戸建て住宅への集配がメイン、商業施設はショッピングセンターがひとつあります。 後は独立した店舗は県道沿いに何軒かあります。 こんな条件ですが給料はいくら貰ってるんでしょうか?

肝心な既婚か未婚、扶養人数が不明ですね? 東京23区、既婚、勤続20年、扶養人数3人(妻1.子2)、集配コース(住宅地)の条件だと大体年収で650〜700くらいですね! 月に計算すると45〜50。 ヤマトは団体保険や持ち株、排出年金、財形、ユニオン年金… 諸々引かれて手取り30〜35ってところです。 東京の商流地域なら更にもっと貰ってます。 賞与は年間で130〜150ってところです。 地域手当(住宅手当)と扶養手当が大きなウエイトを占めてます。 勤続20年との事ですが、現在まで無事故なら無事故表彰で賞金20万です。 ヤマトの人事効果は年2回、下期と上期に行いますが、同僚同士で評価し、最終的にエリアマネージャーが総合評価します。 なので給料の上がり下がりも激しいですね! 社員同士、結構シビアで仕事はやり辛い環境です。 他

の回答で、物販は給料に反映されないってありますが、大いに影響します。 それが人事効果です。 同僚が常に物販の売り上げや新規顧客獲得等、行動や成果を監視してますから… 言わば自衛隊みたいなもんですよ! 常に連帯責任が問われるので、足を引っ張るとセンター全体の賞与等にも影響します。 自分だけ頑張っても給料や賞与は増えません。

古いスキーブーツが よく白い粉をふいたようになっているのをヤフオク等で見かけますがなぜ白くなるのでしょうか? また、ヤフオクの説明を読むと、あまり使用頻度が少ないブーツでも白くなっているブーツもありますし、 長年使った使用頻度が多いブーツでもきれいなツヤツヤが残っている物もあります。 この差はなぜ生じるのでしょうか?

白くなっているのはシェルの素材であるポリウレタンが経年により加水分解しているからです。ブーツメーカーが5年以上経過したブーツは破損する可能性がありますと告示しているのは、この加水分解が理由です。よって、白く粉を吹いているようなブーツは寿命が来ているのですからお買いになってはいけません。 使用頻度の少ないブーツでも白くなったり、経年期間が長いブーツでもなっていないのは二つ理由があります。一つはシェルのプラスチック素材の違いであり、二つは、手入れ・保管方法の違いです。先ず、素材です。先に述べたようシェルの素材は、ポリウレタンが主流です。ただ、このポリウレタンにもエステル系ポリウレタンとエーテル系ポリウレタンがあり、エーテル系のほうがエステル系よりも加水分解しにく�

��ので差が出ます。しかし、その差はあまり大きくなく2~3年程度です。差が大きいのはジュニア用ブーツ、初心者用ブーツに用いられてるポリエチレンです。こちらは、まったくと言っていいほど加水分解しません。従って、10年経過しても20年経過してもツヤツヤです。4点セット3万円とかで売っているブーツは、このポリエチレン素材が多いです。ポリエチレンは、加水分解には強いのですが硬度が上げられないのでジュニア用、初心者用のブーツにしか使えないのです。古いのにツヤツヤというブーツは、ポリエチレン素材の可能性が大です。 二つ目の手入れ・保管は、加水分解を遅らせるために水分とできるだけ接触させないようにすることです。滑り終わったら乾いた布で丁寧に水分をふき取り、帰宅したらインナー�

��インナーソールを抜いて通気のよいところでしっかり乾かし、乾燥剤とともに保管して加水分解を少しでも遅らせると白くなるのも遅らせることができます。